自身がもてる子育て講座 2回目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

市が開催している子育て講座の第2回目に参加してきました。

親子関係がよくなり、学力も上がる取って置きの方法とは?

講師:教育評論家 親野智可等先生

1回目は50人ぐらいの参加だったが、今回は70人ぐらいの参加していた。
私は今回始めて講演を聞いたが、3回以上聞いている人もいるようで人気が高い講座なんだと思いました。

何においても「共感」が大事

これからの時代に必要な力、「自己肯定感」をあげるためには、
まず咎めない、否定しない。
赤ちゃんが電車内で泣いていたとしても
「しー、静かにしない」と否定するのではなく
「暑いよね〜」「つまんないよね〜」とまず共感する。

「あなたは〇〇だからだめなのよ」と人格否定することはもちろん、
「〇〇しなきゃだめじゃない」「どうして〇〇するの?」と物事に対して行っているつもりであっても、受け取る子供からすれば自分を否定されていると感じてしまう。否定的言語化が癖になっている人が多いから意識していくといい。

性格は、遺伝的要素が大きいので、小さいうちには直せないし、直そうと思わないほうがいい。直せるのは思春期以降。

子どもは、やり方を知らないのだから、大人が知恵を絞って「工夫をする」。
例えば、歯を磨かないのなら、ご飯を食べる時に歯ブラシも並べておく。そうすれば目に入って磨く可能性が上がる。
目に入って磨いたら、褒める⇒やる回数が上がる
というふうに段階を踏んで習慣づけを行う。

工夫して、改善してそれでも上手くできないのであれば、かわりにやってあげる。
できないことはやってあげたほうが、最終的に自立度合いがあがるという研究結果もでている。

親の度量が必要だなぁと感じました。
どうしても、「こうしたほうがいいのに!」という思いが先走りすぎて注意したり、叱ったりしてしまうことが多くなるので、
我慢・がまん・ガマン で見守るように努力しようと思いました。

子どもの力を信じる!とアタマでは解っているけれど、なかなか実践できていないと反省。
今ここを大事に!楽しく・幸せに生きていこうと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。