子育て

自身がもてる子育て講座 2回目

市が開催している子育て講座の第2回目に参加してきました。

親子関係がよくなり、学力も上がる取って置きの方法とは?

講師:教育評論家 親野智可等先生

1回目は50人ぐらいの参加だったが、今回は70人ぐらいの参加していた。
私は今回始めて講演を聞いたが、3回以上聞いている人もいるようで人気が高い講座なんだと思いました。

何においても「共感」が大事

これからの時代に必要な力、「自己肯定感」をあげるためには、
まず咎めない、否定しない。
赤ちゃんが電車内で泣いていたとしても
「しー、静かにしない」と否定するのではなく
「暑いよね〜」「つまんないよね〜」とまず共感する。

「あなたは〇〇だからだめなのよ」と人格否定することはもちろん、
「〇〇しなきゃだめじゃない」「どうして〇〇するの?」と物事に対して行っているつもりであっても、受け取る子供からすれば自分を否定されていると感じてしまう。否定的言語化が癖になっている人が多いから意識していくといい。

性格は、遺伝的要素が大きいので、小さいうちには直せないし、直そうと思わないほうがいい。直せるのは思春期以降。

子どもは、やり方を知らないのだから、大人が知恵を絞って「工夫をする」。
例えば、歯を磨かないのなら、ご飯を食べる時に歯ブラシも並べておく。そうすれば目に入って磨く可能性が上がる。
目に入って磨いたら、褒める⇒やる回数が上がる
というふうに段階を踏んで習慣づけを行う。

工夫して、改善してそれでも上手くできないのであれば、かわりにやってあげる。
できないことはやってあげたほうが、最終的に自立度合いがあがるという研究結果もでている。

親の度量が必要だなぁと感じました。
どうしても、「こうしたほうがいいのに!」という思いが先走りすぎて注意したり、叱ったりしてしまうことが多くなるので、
我慢・がまん・ガマン で見守るように努力しようと思いました。

子どもの力を信じる!とアタマでは解っているけれど、なかなか実践できていないと反省。
今ここを大事に!楽しく・幸せに生きていこうと思います。

自信が持てる子育て講座 1回目

市が主催している子育て講座に参加してきました。

秋期となっているので、定期的に開催していると思われますが、今回放送大学に入学して心理師にも興味が湧いたことと、どんな人がどれくらい参加しているのかなと興味があったので初めて参加してみました。

全5回の講座となっており、定員200名 事前申し込み制 受講料300円

  1. 1.ピンチもチャンスに変える子育て「ポジティブ・コニュニケーション」入門
  2. 親子関係がよくなり学力も上がるとっておきの方法とは?
  3. 将来の自立につながるお小遣いの与え方、使い方
  4. 人工知能の時代に生きる子供を育てる〜増す人の心の重み
  5. イライラの原因菌を減らそう!子育てが楽になるアンガーマネジメント講座

臨床心理士・公認心理師 鈴木隆広先生

第1回目は、神奈川でスクールカウンセラー・アドバイザーをされている鈴木先生の「ポジティブコミュニケーション入門」の講座でした。

見た目的には50代前半ぐらいかなという印象を受けましたが、自己紹介の中で、「還暦です」と話されていて
思わずワカっ!とつぶやいてしまいました。(笑)

オープニングワーク(アイスブレイク)に、「引き分けじゃんけん」を行いました。あいこの人が最後まで残るという先生vs聴講生のじゃんけんゲームです。
4回戦ぐらいで最後の1人になり、金メダルを贈呈されていました。

講座の内容

内容的には、特に新たに「発見!」となるようなことはなかったけれど、時々挟まれるワークをやることで、「自分ごと」になるなぁと感じました。

ワーク1:錯視の絵・写真をみて、見え方の違いを実感する

上記のルビンの壺のような見方がいくつもできる絵

https://hibikiayatori.ti-da.net/e2599554.html

ワーク2:リフレーミングの練習

心配性 ⇒
神経質 ⇒
わがまま ⇒
引っ込み思案 ⇒
気が強い ⇒
内気 ⇒
落ち着きがない ⇒

上記の性格をポジティブ変換してみましょう。というワークをやりました。
けっこうアタマを悩ませましたが、なんとか絞りだしました。

心配性 ⇒ 先を見通す力がある
神経質 ⇒ 細かいところまでよく気がつく
わがまま ⇒ 自分の意見をしっかり持っている
引っ込み思案 ⇒ 思いやりがある(?)
気が強い ⇒ リーダーシップがある
内気 ⇒ 感受性豊かな(?)
落ち着きがない ⇒ いろいろなことに興味がある

以上、私が考えたポジティブリフレーミングです。
考えていると、内気ってなに?引っ込み思案とどう違うんだっけ?とよくわからなくなってしまいました。
でも、自分で考えると聞いただけ読んだだけより納得感が増えますね。

ポジティブなメッセージを

アメリカの心理学者の研究では、子供が1日で受けるメッセージのうち、ネガティブなものを10とすると、ポジティブなものは1しか受けていないということです。

日本の研究はないけれど、日本だとポジティブ1もないのかもと思うのは私だけだろうか。明日から気をつけてポジティブメッセージを送ろうと思いました。
ポジティブ日記(ワタシ的命名「褒めネタ帳」)をつけて、まめに褒めていってあげようと思います。

お金の教室

「お金」についてどんなイメージを持っていますか?
日本人は、歴史的背景により、お金は汚いもの・悪いものと捉えてる人が多いようです。

私は、お金はハサミと同じ道具(ツール)だと思っていて、特段悪いイメージは持っていません。自分の子どもに対しても、使い方をキッチリ学んで上手に使っていってほしいと感じています。
ハサミも包丁も、使い方を間違えば怪我もするし凶器にもなります。それは、お金も同じだと思います。お金の魔力に取り憑かれることなく、いいところも悪いところもひっくるめて対等に付き合ってほしいです。

食べ物に限らず、身の回りにあるものにはほとんど値段がついています。自立して生きていくには、必ずお金は必要です。また、自分がやりたいことをやるには余分なお金もあったほうがいいです。

お金を学び、お金に強くなる=お金に振り回されない生き方ができる

子どもに教えていきたいお金の話

  • お金の成り立ち
  • 1000札はなぜ1000円の価値があるのか
  • おなじ鉛筆なのになぜ、値段に差があるのか
  • 値段はどうやって決まるのか
  • お金を手にする方法
  • お金を増やす方法
  • お金からみえる世界の仕組み

今、ぱっと考えただけでもいろいろ教えていきたいなぁと改めて思う。
さあ、どう伝え教えていけばいいか。アタマをひねる毎日です。

「勉強するのは何のため?」を真面目に考える

ドラえもんをこよなく愛し、暇さえあればドラえもんを見ている我が子。

のび太が毎回ママに
「勉強しなさい」「なんでこんな点数なの」
と怒られるのを見て、

「ママー、小学生になったらテスト100点取るからね〜」

う〜ん、大事なところはそこじゃないんだけれど・・・。と思う私

いずれ、問われるであろう何のために勉強するのかを、今のうちから考えてみようと思います。

結論、勉強するのは何のために?に「正解はない」あるのは「納得解」のみ

勉強するのは何のため?に答えるために行き着いた答えは、
結局の所「自分はどういう時に勉強に意味があるのか?」と考えて導き出した納得解しかないと思う。

いろいろな方が、様々な納得解を導き出しているのも参考になります。

頭の使い方が勉強になる

例えば、因数分解のように、世の中の複雑な現象をいくつかの要素に分解することはできないかと考えられる。
例えば、理科の実験のように、仮説をたてて、実証できるようになる。

自分の成長のため

例えば、勉強をすると知っている事が増え、1ヶ月前の自分よりも成長を感じられる。
例えば、わからないところを、わかるまで解くことで、すぐに諦めない心を鍛えることができる。

視野が広がる・選択肢も広がる

面白い仕事が世の中にあっても、存在を知らない、面白さを知らないのであれば、関わらない可能性があり、勉強することでたくさんの選択肢を得られる。
コップ1杯のお茶でも、数学的に見ればコップに120mlお茶が入っている。社会的に見れば〇〇産のお茶の葉でいれたお茶だ。国語なら透明なコップに入った濁ったお茶。と様々な見方ができる。

ワタシ的な納得解は、「知らないことを知って、解って楽しい」です。

将来、この事を話す機会が訪れることを楽しみにしています。

これからの時代を生き抜くために身につけさせたいこと

目まぐるしくかわる環境の中、自立しさらに自律した大人になってほしいと
親としては誰しもが感じるところではないかと思います。

そのためにつけてほしい力を考えてみました。

お金の教育

お金を学びお金に強くなることで、お金に振り回されず自由に生きていけると思います。まずは、お金の価値、お金から世界の仕組みを考える力を身につけてほしいと思います。

アンガーマネジメント

感情的に怒りを振り回すと、モノや人間関係が壊れ、取り返しのつかないこともあります。怒りに振り回されずに、コントロールする力を身につけてほしいです。

対話・議論する力

日本の教育では、自分の意見を言い、相手の意見を聞き議論する時間がありません。教わってこなかったので、議論という形をとっても感情的に人格攻撃に至る大人が多数です。
世の中には、唯一の正解がある問いは殆どありません。意見の食い違う中、最終的にどうするのか、議論を重ね結論を出して行かなければなりません。
議論は練習すれば技術として身につけられるので、自分も含め練習して身につけていきたいです。

創造力・発想力

今日の常識が明日の非常識になりうる時代。新しいアイデアをどんどん出して前に進んで行ってほしいです。

自己肯定感・自己効力感

日本人は自己肯定感が低いという情報もよく目にしますが、自信をもって生きていくには大事な要素だと思います。
親や周りからのの声がけや聞き方伝え方で変わってくるものだと思うので、これは私自身が意識しながら子どもの自己肯定感・自己効力感を高めていってあげたいとおもいます。

以上を意識しながら、日々子育てしていこうと思います。

みなさんは何を大事にして、子育てしていますか?

100さつ読書日記をつくってみた

なぜ、読書日記を作ろうと思ったか

5歳にして「かいけつゾロリ」にハマり、ほぼシリーズを読破してしまったが、次に読むものがなかなか見つからず、どうしようか悩んでいました。

他の本を選ぶにしても、興味の偏りが気になっていたのと、どれを選んでいいのか親としても検討がつきませんでした。

そんな時、フィンランドでは小学校の副教材として読書日記を活用し、読書習慣を身につけさせているという話を聞き、色々調べてみました。
フィンランド・メソッド普及会会長でもある北川達夫氏が著したもので、「親子で書こう!100さつ読書日記」が販売されていることを発見。読書習慣をつけたい時はもちろん、どんな本を読もうか迷っている時にも役立ち、「名作のこの本をまだ読み聞かせしていなかった!」などの気づきにも使えます。とあり、

「これ、いいじゃん!」と思ったのですが、在庫切れ。

アマゾンでは中古品が定価の倍で売られていてし、アマゾンのレビューをみても本がなかなか見つからない、年齢にあっていない本もあるなどの内容も散見。倍の値段を払っても買うべきか悩みました。

2,000円払うなら、自分で作ったほうが安上がりかも!?と思い制作開始!

 

用意したもの

エーワンのシール(本の表紙を印刷する用) 500円

 

選んだの本の種類

県の読書ガイドブックというPDFを発見。そこに載せられている本をベースに足りないものは、「親子で書こう!100さつ読書日記」の中から選んでみました。

 

制作後の反応

見せた感じは、「・・・」いまいちノリ気ではなかったが、そこに載っている本だよ〜と、選んで読み聞かせると

「ここがおもしろかった。」
「ツマンナイ・・」

など、それなりに感想を言ってくれるので、ヨシとします。

今まで読んだ本を見つけて、これは読んだことある〜と話のタネにもなっているので、気長に続けてみようと思います。

親の選書の助けには十分なっています。

 

こんな先生に出会えたら素敵

美術の先生から出された「許可証」

アメリカの小学校で、美術の先生が学期の初めに生徒に配った許可証だそうです。
こんな先生に教えてもらえれば、クリエイティブ力はますますアップしそうです。

Permission

It’s OK to try something you don’t know.
(なんでも知らないことに挑戦してOKです。)

It’s OK to make a mistake.
(間違ってもOKです。)

It’s OK to take your time.
(じっくり時間をかけてもOKです。)

It’s OK to find your own pace.
(自分のペースでやってもOKです。)

It’s OK to do it in your way.
(自分のやり方でやってもOKです。)

It’s OK to bungle so next time you are free of fear of failure enough to succeed.
(失敗してもOKです。次には失敗を恐れず成功するために。)

It’s OK to risk looking foolish.
(ばかげていると思えるリスクを冒してもOKです。)

It’s OK to be original and different.
(独自のこと、人と違ったことをしてもOKです。)

It’s OK to wait until you are ready.
(心の準備ができるまで待っていてもOKです。)

It’s OK to experiment safely.
(安全に気をつければ実験してもOKです。)

It’s OK to question the “shoulds”.
(どうしてこんなことをするのか?と疑問を持ってもOKです。)

It is special to be you.
(あなたであるコト自体が特別なのです。)

It is sometimes necessary to make a mess as long as you are willing to clean up.The Act og creation is often messy!
(あとできれいにするなら、まわりを散らかしてもかまいません。創造的なことをするときにはまわりが散らかるものです!)

野口桂子『あなたの子どもを救えますか』より

 

普段、できるだけ本人の意志を尊重し、任せてはいるつもりでも
たま〜に、我慢の限界がきてしまうことがありますよね。

実はみんなクリエイティブだ!

あなたは、自分がクリエイティブな人間だと思いますか?

3人に1人が「創造性の傷」を抱えている

ほとんどの子どもは、本来大胆だ。
新しい遊びを探し、新しい人と会い、新しい物事に挑戦し、想像力を思う存分に発揮させる。

うちの場合も、将来は「スーパー忍者になる!」と
スーパーマンのように空も飛べる忍者になりたいと、
飛べるようになったら、ママを背中にのせてあげるねと言ってくれます。

今のところ、クリエイティブに対する自信は揺らいでいません。

 

ある日の図工の時間のこと、彼はクラスメイトと一緒に粘土で馬を作っていた。
すると突然、女の子の一人が彼の作っているものを見るなり、
「うわっ、下手っぴ。ぜんぜん馬に見えない」と言った。
彼は肩を落とし、すっかりやる気をなくしてしまった。
粘土の馬をぐちゃぐちゃに丸めて容器に投げ込んだ。
その後、彼が創作に取り組むのを見たためしがない。

 

こんな場面が来るかもしれない。
同じような体験をした経験のある人は3人に1人もいるのだという。

自分の創造性に自信を失うと、子供たちは計り知れない影響を受ける。

世界をクリエイティブな人間とそうでない人間に切り分け始める。そして、その2つの分類は決まりきったものだと思いこむようになる。自分からクリエイティブな人間をやめてしまう人があまりにも多い。

年頃の子どもは、たった1回辛辣な意見を浴びせられるだけで、創造活動をピタリと止めてしまうこともある。

 

親として、子どもには創造活動を目一杯させてあげたいし、
クリエイティブに対する自信を確実なものにしてあげたいと思う。
創造の自由と失敗が認められる環境を意識して創っていきたい。

 

しなやかマインドセットを持とう!

「しなやかマインドセット」とは、スタンフォード大学の心理学教授キャロル・ドゥエックが提言しているもので、そのマインドセットの持ち主は、人間の真の潜在能力は未知であり、何年も努力、苦労、練習を積めば、予想もつかないようなことを成し遂げられると信じているという。

そして、彼女の主張によると、開始時の才能、適性、さらにはIQとは無関係に、努力や経験で能力を伸ばすことは可能だという。

反対の「コチコチマインドセット」の持ち主は、意識的または無意識のうちに、人間の生まれ持つ知能と才能の量は決まっていると心から信じている。自分の能力の限界が他の人にバレるのを恐れて、安全な場所にとどまろうとする。

現実には、誰しも両方のマインドセットを少しずつ持っている。問題はどちらかの声に耳を傾けるかなのだ。

 

まずは親の自分が、しなやかマインドセットを身に付け、耳を傾けよう!
自分には未知の潜在能力がある、今まで達成できなかったこともきっと達成できると心から信じ、行動をおこそう!
そして、子どもにもそのことを伝えていこう。

 

 

 

世の中には、唯一の正解がない問題がたくさんあります。
その問題を解決に導くためには、創造的思考力が必要だと言われています。
山積された問題を解決する、イノベーションを起こせるイノベーターに育ってほしいと願います。

 

生まれつきの才能は重要ではない

将来何かしらの職業につき、成功してほしいと思うのが親心。

成功するには、IQより「やり抜く力」が重要!
誰でもどんな分野でも一流になれる成功の心理学

〈成功の方程式〉とは

才能 × 努力 =スキル
スキル × 努力 = 達成

2倍の才能があっても、1/2の努力で負ける
努力をしなければ、たとえ才能があっても宝の持ち腐れ
努力をしなければ、もっと上達するはずのスキルもそこで頭打ち
努力によって初めて才能はスキルになり、努力によってスキルが活かされ、様々なものを生み出すことができる

興味あることを続ける「努力」が必要なことを伝えていきたい。
そして、その努力は、今日必死にやるのではなく、明日またトライすることが重要だということも。
昔からいうところの「継続は力なり」

大人になったら何をしたいかなど、子供の頃には早すぎてわからない。
中学生くらいの時に、特定の職業への興味のあるなしがぼんやりと見えてくる。
どんなことに興味を持つかは、自分にもわからない。
試してみなければ、長続きするかどうかはわからない。

興味を観察する親が、子どもの情熱を伸ばす。

科学では賢明な子育ての答えは出ている。
「子どもに厳しい要求をしながらも、支援を惜しまない育て方」が有効であると。
温かくも厳しく子どもの自主性を尊重する親をもつ子供たちは、
他の子供たちよりも成績がよく、自主性が強く、非行に走る確率が低い。

 

やりぬく力を伸ばす声掛け

  1. よくがんばったね!すばらしい
  2. 今回はうまく行かなかったね。一緒に今回の方法を見直して、どうやったらもっとうまくいくか考えてみよう
  3. よくできんたね!もう少しうまくできたかもしれないと思うところはあるかな?
  4. これは難しいね。すぐにできなくても気にしなくていいよ
  5. もうちょっと頑張ってみようか。一緒に頑張れば必ずできるから

「自分なりに目標を持って、以前はできなかったことでも出来るようにすることが大事だよ」と伝える必要がある

やり抜く力を発揮するための視点を取り入れるには、人間は何でもやればうまくなる 人は成長するという認識が欠かせない。

おとなもこどももやり抜く力が身につく4つのルール

  • 家族全員、ひとつはハードなことに挑戦しなければならない。日常的に意図的な練習を要すること
  • やめてもよい。ただし条件があり最低でもある程度は、一生懸命取る組むこと
  • ハードなことは自分で選ぶ。選ぶのを他人任せにしない
  • 新しいことでも、今やっていることでもかまわないが。最低でもひとつのことを2年間は続けなければならない。

子どもがもう少し大きくなったら、是非実践していきたいと思いました。